保守契約は必須

コピー機を購入した際に保守契約をしなかった場合、一回の修理費で10万以上掛かる事もあります。修理の内容によっては20万近くになるかもしれません。保守契約をしていればそうした費用が基本無料として修理をする事が出来ます。故障しやすいコピー機に毎回個の程度の費用が掛かるとしたら、保守契約しないという事がどれほど効率の悪いという事か分かると思います。

ただし、中古コピー機を購入する際には注意点があります。古い物ですと、保守契約そのものが出来ないという事があります。修理するには当然対応した部品が必要になるのですが、その部品が製品が販売されてから概ね7年ほどで製造中止になってしまい、そうなると修理を保証する補油契約が結べなくなるのです。

また、そうした製品は価格が安くとも修理部品が少ないため、修理の際には通常の製品よりも更に高額がかかります。ですので、保守契約を結ぶ際にはどの程度の期間保守契約を受けられるのかを確認しましょう

コピー機は使用していれば高確率でトラブルが発生しますのでそうした確認もしっかりとしておきましょう。特に業務用として購入するものは無駄な出費は極力下げる様にしましょう。続いては保守契約の種類について説明します。

Pocket

Published by 管理人